SO LALAお父さんは今日も行くっ!

ちょっと忙しく、ちょっとなまけグセが出てきた今日このごろ・・・なSO LALAお父さんのなんたるか。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かんでふぉ~ゆ~ 第3回

かんでふぉ~ゆ~

噛むことは虫歯の予防にもつながります。

これは主に唾液の働きです。
食べる時にしっかりと唾液を出すことにより、
通常時の唾液の分泌量が増加します。

唾液は
むし歯菌や食べかすを洗い流す。
むし歯菌が出しだ酸を中和する。
溶かされた歯を修復する。
歯垢の形成を抑える。
と、歯を守る大事な役割を
しているんですねぇ。

むし歯に悩んでいる方は要チェックですよ。

| かんでふぉ~ゆ~ | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小麦

小麦

パンの主役とも言うべき小麦。
SOLALAでは国産の小麦を
使っております。

小麦はほとんどがでんぷん質ですが、
量的には少ないものの
ビタミンB群やカルシウム・カリウム
リン・マグネシウム・亜鉛・鉄分なども
含まれています。

外国産に比べて、国内産は
でんぷん質が少ないのが特徴です。
そのため、国産小麦でのパン作りは
デリケートで扱いにくいものとなります。

お米と同様に、小麦は必須アミノ酸の1つ、
リジンが不足しています。
必須アミノ酸とは、体内で合成できない、
または必要量が合成できない
アミノ酸を言います。

牛乳・卵・肉類・大豆などと
一緒に食べることにより、
バランスのとれた食事となりますよ~。

| なんだかえぇよ~な話 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かんでふぉ~ゆ~ 第2回

かんでふぉ~ゆ~

噛むことは良いことがいっぱい。

SOLALAのパンも、噛めば噛むほど
美味しいと感じた人も多いはず。
そうです。噛むと味覚が発達するのです。

実は食べ物は噛むこと+唾液の効果で
分解を促します。
口の中での味の変化が舌の味覚を鍛えます。
舌の味覚細胞が発達することにより、
脳の味覚中枢が刺激されます。

食べた時と後で味の変化のない香料では、
舌を鍛えることが出来ないんです。

脳の発育にも噛むことは
重要な役割を担ってるんですねぇ。
小さいお子さんがいる方はぜひ、
気に留めて欲しい。
大人でも、遅くはないですよ。
もちろん高齢の方も。
脳を刺激しますので、
ボケ防止にもつながるそうです。

だから歯は大事にしたいです。

| かんでふぉ~ゆ~ | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梨

稲城と言えば梨の産地です。

「稲城」という梨もあり、生産量が少ない
ために幻の梨と言われているようです。

梨は90%近くが水分とあって、
なかなか加工に向かないんですねぇ。

しかし、梨には食物繊維と
ソルビトールが含まれていて
腸の働きを改善してくれています。

また、アミノ酸の一種のアスパラギン酸が
含まれており、新陳代謝を促し
疲労回復に効くと言われています。

夏の疲れた体を、梨で癒しましょう!

| なんだかえぇよ~な話 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かんでふぉ~ゆ~ 第1回

かんでふぉ~ゆ~

SOLALAの天然酵母のパンは
ちょっと歯ごたえがあります。
それは生地に卵・バターを入れてないから。
最近はちいさい3~4歳のお子さんも
SOLALAのパンを食べてます。
「昆布みたいに食べるのよ~」と
常連のお母さん。

現代人は噛む回数が激減しています。
1食あたりの噛む回数は
弥生時代は約4000回
江戸時代は約1400回
現代は約600回。
200年前と比べても半分以下になってます。

それもそのはず、
現代食はやわらかいだけでなく、
口溶けしてしまいます。
いくらお母さんから
「ちゃんと噛みなさい!」と言われても、
噛む物が無くなっては仕方ないです。
1口で噛む回数は現代は平均6回
理想は20回以上だそうです。

噛み噛みできる食事を取り入れて、
まずは噛む回数を徐々に増やしていきましょう。

| かんでふぉ~ゆ~ | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。